サッカーボールのサイズの違いとは?大きさや選び方についてざっくりと解説します

サッカーというスポーツは
ボールさえあれば
いつでも誰でも
始めることができます。

実は、このサッカーボールには
いくつか種類があるのを知っていますか?

この記事では、サッカーボールの違いや
年代に応じた選び方について
ざっくりと解説しています。

スポンサードリンク

サッカーボールのサイズの違い

サッカーボールには
サイズの違いがいくつかあります。

私たちがサッカー観戦をしている
時に、使われている見慣れた
サッカーボールが5号球と
言われるもので最大の大きさです。

そこから、4号球→3号球と
数字が減るににつれて
小さく、軽くなっていきます。

サッカーボールの大きさと選び方

サッカーボールの種類の大きさや
年代に応じた選び方について
解説します。

サッカーボール・5号球

5号球はもっとも大きなサッカーボールです。
中学生以上からプロのサッカー選手まで
5号サイズでプレイしています。

規定では、ボールの外周が
70cm以下68cm以上
重量は試合開始時に
450g以下410g以上と
定められています。

サッカーボール・4号球

4号球のサッカーボールは
5号球よりも一回り小さなサイズと
なっています。

一般的には、小学生の体育の授業や
部活動、サッカークラブなどで
使われているサイズとなります。
(一般的に、と書いたのはサッカーの
強豪チームなどは小学生の高学年で
5号球を使っているところもある為)

sponsored link

規定では、ボールの外周が
66cm以下63.5cm以上
重量は試合開始時に
390g以下350g以上と
定められています。

サッカーボール・3号球

3号球のサッカーボールは
4号球よりもさらに一回り
小さなサイズです。

主に、幼稚園児や
小学校低学年向け
初めてのサッカーの際に
使用されているボールです。

規定では、ボールの外周が
60cm以下58cm以上
重量は試合開始時に
320g以下300g以上と
定められています。

サッカーボールとフットサルボールの違い

フットサルというスポーツで
使われているボールは、
一見、サッカーボールの
4号球くらいの大きさと
似ていますが全くの別物です。

フットサルはサッカーに比べて
コートが狭いため、弾みにくいように
フットサルボールは作られています。

なので、フットサルボールは
サッカーボールの4号球と
同じくらいの大きさなのですが
少し重い作りになっています。

実際に、蹴ってみるとその違いが
明らかにわかるはずです。

まとめ

サッカーをするために
なくてはならないサッカーボール。

小学生からのサッカー経験者は
中学生に上がった時の
ボールの大きさの違いに
とても戸惑ったのも
いい思い出ではないでしょうか?

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする