サッカーのビルドアップの意味や戦術とは?サッカー初心者にざっくりと解説します

サッカー観戦をしていると
「ビルドアップ」という用語を
よく耳にすることがあります。

地上波でのテレビ中継でも
頻繁にでるくらい
サッカー用語として
定着していますが
いまいち、意味がわからない・・・
という方のために、この記事では
ざっくりと解説しています。

スポンサードリンク

サッカーのビルドアップとはなに?

サッカーのビルドアップとは
直訳すると「組み立て」を
意味します。

主に、自分の陣地の最後尾から
ゴールキーパー、もしくは、
ディフェンスラインにいる選手たちで
相手チームの陣地へと攻め込むために
ドリブル、フリーラン、パスを繋いで
攻撃を組み立てる一連の動きを
指します。

最後尾からロングボールを
蹴り込んだり、相手チームの
ゴールに近い中盤でボールを
繋いで攻めることは
ビルドアップとは呼びません。

ビルドアップが必要な理由とは?

現在のサッカー戦術は、攻撃と守備の
切り替えがとても早くなっています。

ボールを取られると
素早く自陣に戻り、相手の攻撃に
備えるという守備戦術を
とるチームが増えてきました。

この場合、無理に攻め込むと
ボールを取られて、
逆に攻め込まれてしまう
可能性が高いです。

その素早く自陣に戻る
相手への対策として、
生まれたのがビルドアップです。

自陣のディフェンスラインから
ドリブルをして攻め上がったり
スペースを見つけて
パスをつなぐことが
求められています。

ビルドアップの上手いやり方

効率的に攻めるために
上手にビルドアップをする
必要があります。

sponsored link

では、上手いビルドアップを
するためにどんなスキルが
求められるのでしょうか?

ショートパスの精度

ショートパスの精度とは、
短い距離でのパスの正確さ。

味方選手のポジションや
相手選手のポジションを
俯瞰で見ながら、
コース、強さ、スピード、タイミング
を考えて、パスをつなぐ能力が重要です。

前へ運ぶドリブル

ドリブルには
「仕掛けるドリブル」と
「運ぶドリブル」があります。

具体的には、
「仕掛けるドリブル」は
ペナルティエリア付近で
ゴールを奪うためのドリブル

そして、ビルドアップに必要な
「運ぶドリブル」は味方への
パスコースがない時に
相手を引きつけて
状況変化を生み出す為の
ドリブルです。

オフザボールの動き方

オフザボールとは、
簡単に説明すると
ボールを持っていないときに
味方がパスを出しやすいように
ポジションを取ることです。

ビルドアップの際にも、
パスが繋がりやすくする為に
オフザボールを行って
有利な状況を作り出す
必要があります。

まとめ

現代サッカーには重要な
戦術であるビルドアップ。
ゴールキーパーやディフェンダーにも
高い足元の技術が求められます。

ビルドアップが上手いチームは
自然とボールの支配率も上がり
ゴールに結びつくチャンスも
増えていきます。

ざっくりとでも、
ビルドアップを理解できたら、
その精度ややり方に注目して
サッカー観戦してみては
いかがでしょうか!

素晴らしいサッカーライフを!

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする