画期的な電脳質屋『CASH』がすごい!でも、実際にどうやって使うの?

cashbox-1642989_1280

スマートフォン向けアプリのCASHは、

自分が所有しているアイテムが現金化できるという、

インターネットとスマートフォンのテクノロジーを

最大限に活かしたこれまでにないフリマアプリです。

対象になっているのはガジェットや

衣類、小物といったあらゆるものであり

まさにオンライン上の質屋が

自分の手のひらの中にあるといった印象です。
カメラで撮影し価値を確認した物を

2週間以内にCASHに送る以外に

やるべき事はないので、

手間に感じる事が不要ですし

宅配業者が自宅まで回収に来て頂ける上に送料が無料です。
さらに、住所を記入したり伝票に

必要事項を書き込むといった、

細々とした作業も不要ですし、

待ち時間が存在しない事から

数分後には手元の物が現金化されるというイメージです。
こうしたCASHは誰もが魅力的に感じる

画期的なアプリなので、

2017年6月28日にリリースした直後から

利用者が相次ぎ、処理が追いつかずに

やむなく一時的にサービスを停止させる措置を取りました。
その後およそ2ヶ月程度の休止期間を経た後、

同年の8月23日に再会されましたが、

当初とは少し違った点が出てきました。

それは一日のうちにキャッシュ可能な上限は

1000万円に上限が設けられたという事なのですが、

それほど大きな額をCASHで現金化させるのは

sponsored link

現実的ではないので、ユーザーにおいて直接的な課題にはなりません。

それよりも休止期間を設けたことで

尚更利便性が高まった事案の方が多くなり、

それは集荷時に設定可能な日時指定が

より一層柔軟になったという事や、

キャンセルした際に手数料がかからなくなった事が挙げられます。
かつては一旦査定して頂いたものの、

ユーザーの都合によってキャンセルした場合は

15%のキャンセル料が請求される規定でしたが、

手数料無料になりますます手軽になりました。

こうしたCASHを始めていくには、

ストアからアプリをダウンロードし

インストールした後に電話番号の認証を行います。

指定した電話番号に暗証番号が

記載されたメッセージが届くので、

もう一度アプリを起動させて

暗証番号を指定された所に入力します。

極めて容易な手順で認証が済ませられた後は、

通知設定を任意で決めて

下部にあるCASHというアイコンを選択します。
比較的上部にあるブランドと書かれた選択肢を選び、

これから手放したいと考えている品の

ブランド名を手入力、

もしくは既存の選択肢から探していきます。
世界的に有名な高級ブランドはもちろんですが、

マイナーなメーカーも登録されているので、

ノーブランドではない限り

見つからないといった事はありません。

そしてジャケットやボトムス、小物といった

カテゴリ分けをした後にコンディションを

自分なりに判断し、いよいよ品物を

カメラ機能を使って撮影していきます。
全体像が写るように撮影した後、

すこしだけ待機していると査定金額が現れるので、

金額に納得できたら金銭にする手順を進めていきましょう。

ぜひ、興味があれば活用してみてくださいね!

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする