サッカーのイエローカードとレッドカードの意味とは?サッカー初心者にざっくりと解説します

サッカー観戦をしていると
試合中、ファウルで試合が
止まった際に、主審が選手に対して
カードを出すシーンを見かけると思います。

あのカードってどんな意味があるのか
イエローカードとレッドカードで
何が違うのか。
この記事では、ざっくりと解説したいと思います。

スポンサードリンク

イエローカードとは?

主審が選手に対して
出すカードは2種類あります。

まずはイエローカード
について説明します。
イエローカードとは選手が行った
反則行為(ファウル)に
対する警告を意味します。

ファウルが行われた際に
主審がイエローカードに相当する
悪質なファウルだと判断した場合
提示されます。

では、どのようなファウルだと
悪質だと判断されて
イエローカードを出されてしまうのでしょうか?

イエローカードの対象となるファウルとは?

・非紳士的行為を犯した場合

・審判に対する暴言

・繰り返しファウルを行う

・遅延行為(わざとプレーを遅らせる)

・コーナーキックやフリーキック、
スローインでプレー再開時に
ボールから離れない

・主審の許可無くフィールドに入る

・主審の許可無くフィールドから出る

非紳士的行為とは具体的には
シャツを引っ張っる、腕を掴む
などの危険なラフプレーや
相手から何もされてないのに
わざと倒れるというような
審判をあざむくような行為などを指します。

しかし、これら全てのプレイに
イエローカードがでるわけではなく
主審の判断に委ねられます。

レッドカードとは?

レッドカードも選手が行った
悪質な反則行為(ファウル)に
対するカードですが、
レッドカードの場合は
試合からの退場を意味します。

sponsored link

サッカーは11対11で行いますが
レッドカードによって選手が
退場してしまうと
1人少ない状態で試合を
続けないといけない為
不利となります。

先ほど説明したイエローカードに
あたるファウルを繰り返して、
主審からの2回目の
イエローカード提示後、
レッドカードが提示され退場となります。

さらに、主審があまりにも
悪質なファウルだと判断した場合
一発でレッドカードが提示されて
退場となる場合もあります。

ではどのような場合に、
レッドカードが出されるのでしょうか?

レッドカードの対象となるファウルとは?

サッカーの試合の中でも
めったに出ることのないレッドカード。
主に、4つの行為が対象となります。

・決定的な得点の機会を阻止する

例えば・・・
ゴールに入りそうなボールを
ゴールキーパーではない選手が
わざと手を使って止める。

ボールを蹴ればゴール
するような場面で
相手の足を引っ掛ける、もしくは倒す

・乱暴な行為、明らかに不正なプレー

例えば・・・
ボールがないところで、
相手選手を蹴る、肘打ちをするなど

・下品な発言や身振りをする

例えば・・・
主審の判定に納得いかずひどい侮辱をくりかえす
相手選手にわざとつばを吐く

・イエローカード(警告)を2枚受ける

例えば・・・
1試合の中で、悪質なファウルを繰り返し
主審に2枚のイエローカード(警告)を受ける

まとめ

サッカーの試合を見ていて
イエローカードやレッドカードが
よく出るということは、
それだけ悪質なファウルが多い
ようは、荒れた試合だということです。

サッカーは紳士のスポーツと
言われているので
観戦者としてはイエローカードが
出されるようなプレーではなく、
良いプレイで盛り上がりたいですよね。

それでは、素晴らしいサッカーライフを!

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする