スルーチェックインとはなに?意味や預け荷物について解説!海外旅行前にチェック!

海外旅行に出かける際に
目的の国へ直行便ではなく、
乗り継ぎ便を利用して
向かうときに出てくる用語として
「スルーチェックイン」
というものがあります。

このスルーチェックインとは
なんなのでしょうか?
この記事では、スルーチェックイン
についての意味や預け荷物に
ついて解説しています。

スポンサードリンク

スルーチェックインの意味

スルーチェックインとは
出発空港で最終目的地までの
複数区間の搭乗手続きを
全て行うものです。

つまり、乗り継ぎがある場合でも
最初の空港でのカウンターで
最終目的地までの
チェックインを一括で
済ませてしまえることを意味します。

スルーチェックインの預け荷物は?

スルーチェックインした場合は
荷物に関しても、基本的には
乗り継ぎで訪れた国で
預けなおす必要がなく、
目的国で受け取ることができます。

ですが、訪れる国や利用する
飛行機によってはルールが
違う場合がありますので
出発国のカウンターで
チェックインをする際に
確認しておくのが無難かと
思われます。

sponsored link

スルーチェックインができない場合

乗り継ぎする際、出発国から経由国とは
別の航空会社を利用する場合は、
スルーチェックインができません。
なので、乗り継ぎ国で
再度チェックインし直す必要があります。

そして、その場合は預け荷物も
乗り継ぎ先の空港で
一旦荷物を受け取り、
また預け入れ手続きを
する必要があります。

なので、乗り継ぎ国での
滞在時間が短い場合は
諸々の手続きに時間を取られて
飛行機を乗り過ごしてしまう
危険性がありますので
充分な乗継時間を
確保しておく必要があります。

まとめ

乗り換えが必要な旅をする場合
スルーチェックインでないと
なかなか面倒な上に
ロストバゲージの危険性も
高まります。

ロストバゲージとはなに?意味や対策、原因について解説!海外旅行前にチェック!

ちなみに、違う航空会社を
利用しての乗り継ぎの場合でも
提携航空会社同士であれば
スルーチェックインは可能だったりもします。

航空券を予約する際に
ぜひ事前に調べてみてください。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする