サッカーのフォーメーションの意味や特徴とは?サッカー初心者にざっくりと解説します

サッカーをより楽しく見るために
フォーメーションを知ることは
とても大事です。

でも、サッカー観戦していると
「4-4-2とか3−5−2とか
これなんの数字??」
なんて、イマイチよくわからないと
いう人のために、この記事では
サッカーのフォーメーションや
それに関わるポジションについて
ざっくりと解説します。

スポンサードリンク

フォーメーションの基本的な説明

フォーメーション(formation)
の意味は「隊形」

サッカーの試合は11人で行われますが、
大まかにGK、DF、MF、FWの
4つのポジションに分類されて
配置されます。

「4−4−2」や「3-5-2」という数字は
各ポジションに配置した
人数を指しています。

GKはルール上、必ず1人は
置かないといけないので
この数字の中には含まれません。

GKを除く10人の選手を
どのように配置するか、
全体の隊形を表したものが
フォーメーションです。

フォーメーションの特徴

フォーメーションは戦略や
選手の特徴などを見極めて
監督が決めるものですが、
DF、MF、FWのポジション配置で
どんなサッカーで試合を進めて
行きたいか特徴が出ます。

例えば・・・
DFに配置された人数が多ければ
点を取られないように
守備を重視したい。

MFに配置された選手の人数が
多ければ、自分たちで
ボールをキープして試合を
優位に進めたい。

FWのポジションに
配置された人数が多ければ
攻撃的なフォーメーション。

などと、推測できます。

具体的なフォーメーション

例として、よく使われる
各フォーメーションの
具体的な配置を挙げます。

細かいことを言えば、DFの中での
ポジションや、MFの中での
ポジションもあるのですが
ここでは、わかりやすいように
簡単な配置にしています。

サッカーフォーメーション:4−4−2

サッカーフォーメーション:4−3−3

sponsored link

サッカーフォーメーション:4−5−1

サッカーフォーメーション:3−5−2

サッカーフォーメーション:3−6−1

サッカーフォーメーション:3−4−3

サッカーフォーメーション:5−3−2

まとめ

あくまでも、フォーメーションは
戦術で決められたポジションであり
ルールではありません。

なので、ここまでフォーメーションに
ついて説明してきましたが、
試合の展開ごとに選手の位置が
コロコロ変わるなんていうのは
当たり前に行われます。

とはいえ、フォーメーションを
知ることで、サッカーの見方が
きっと楽しくなりますよ。

それでは、素晴らしいサッカーライフを!

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする