サッカーの FW(フォワード)の役割とは?どんなポジション?サッカー初心者にざっくりと解説します

サッカーを観戦していると
ポジションによって呼び方が
違うことに気づくかと思います。

この記事ではFW(フォワード)という
ポジションについて説明します。

スポンサードリンク

FW(フォワード)の主な役割とは?

一般的に、FW(フォワード)とは、
最も相手ゴールに近い位置で
プレーする選手です。

当選、ゴールに直結する
シュートや味方へのパスなどの
仕事を求められるポジションであり、
守備の際には、相手チームの
ディフェンダーにプレッシャーを
かけてボールを奪う動きも
フォワードに求められます。

FW(フォワード)の種類について

FW(フォワード)はトップとも呼ばれ、
フォーメーションの中で
フォワードを1人置くと「ワントップ」
フォワードを2人置くと「ツートップ」
フォワード3人置くと「スリートップ」
と、呼び方が変わります。

さらに、FW(フォワード)は
フォーメーションによって
より細かなポジションに
分けることができます。

センターフォワード

センターフォワードはフォワードの
ポジションの中で最も得点能力が
求められるポジションです。

そのことから、ターゲットマン、
ポストプレイヤーとも呼ばれます。

ウィング

ウイングとは、”翼”を意味する
言葉の通り、ピッチ左右の
両サイドに位置する選手を指します。

ウイングの選手の役割は、
サイドをドリブルで駆け上がり
センターフォワードのゴールを
クロス(センタリング)などで
お膳立てする、サイド攻撃の
スペシャリストと言えます。

セカンドトップ

セカンドトップと言われる
ポジションはセンターフォワードよりも
やや下がり目にポジションを取ります。
1.5列目と言われることもあります。

sponsored link

セカンドトップに特に求められる
能力としては得点力とゲームメイク力です

FW(フォワード)に求められる動きとは?

FW(フォワード)に大きく求められる
動きとして3つ挙げられます。

ポストプレー

ポストプレーとは
「ゴール前で攻撃の起点を作る」
プレーの総称。
主に、センターフォーワードの
ポジションにいる選手に
求められるプレーとなります。

ボールをゴールに近い位置で
相手ディフェンダーのプレッシャーを
受けながらボールをキープする
役割なので、ポストプレーヤーに
は絶対的なフィジカル(身体)の強さが
要求されると言えるでしょう。

裏への抜け出し

FW(フォワード)に求められる
2つめのプレイとして
裏への抜け出しが挙げられます。

裏への抜け出しとは
「ディフェンスラインの裏をとる」
つまり、相手ディフェンスの
後ろのスペースに走りこんで
ボールを貰ってゴールを狙う
ということです。

前線からの守備

現代サッカーでは最前線にいる
FW(フォワード)にもディフェンス能力が
求められています。

相手の守備陣(ディフェンスライン)
の選手に対して積極的に
アプローチをかけて、
ゴールに近いところで
ボール奪うことができれば
大きなチャンスとなります。

FW(フォワード)に向いている性格とは?

FW(フォワード)に向いている性格は
・ゴールを狙う積極性、思い切りの良さ
・シュートを外してもめげないメンタルの図太さ
が挙げられます。

ゴールする可能性がもっとも
高いポジションですので、
目立ちたがり屋の性格も
フォワードに向いている
性格と言えるでしょう。

まとめ

フォーワードというポジションは
他のポジションよりも
攻撃の役割を多く担います。

つまり、フォーワードがゴールを奪う
という決定的な仕事が
できなければ試合に勝つことは
難しいと言えるでしょう。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする