ハブ空港とはなに?意味や乗り継ぎのメリットについて解説!海外旅行前にチェック!

海外旅行でよく見聞きするハブ空港。
このハブ空港とはなんなのでしょうか?

この記事では、ハブ空港についての
意味や乗り継ぎのメリットについて
解説しています。

スポンサードリンク

ハブ空港とは

ハブ空港のハブとは
自転車の車輪の中心部のことです。
ハブには沢山のスポークが
ついてタイヤのあちこちと
繋がっていることから
多方面に多くの便が発着する
大規模な空港を指します。

わかりやすく言うと
近頃、話題のLCC含めて
色々な会社の空港路線が多く、
乗継ぎに便利な空港は
ハブ空港と呼ばれています。

一般的に、ハブ空港と呼ばれるのは
国際線に絡んだものになるので
例えば、東京で言うならば、
羽田空港よりも成田空港の方が
ハブ空港としての役割を
持っていると言えるでしょう。

アジア最強のハブ空港・チャンギ空港

アジアにある国のハブ空港の中で
もっとも満足度の高い空港が
シンガポールにあるチャンギ空港です。

航空サービス調査会社
スカイトラックス社が
空港を利用する乗降客を
対象にした格付けランキングで
チャンギ空港は4年連続で
1位に輝いています。

sponsored link

全体が明るく、清潔でな上に
ゆったりしたソファも多く、通路も広々。
随所に充電スペースも
豊富に設けられていて
ワイファイもビュンビュン飛んでるので
もし、乗り継ぎで長時間
待つようなことになっても
快適に過ごすことができますよ。

チャンギ空港を利用する際は、
この空港の素晴らしさに
感動してくださいね。

ハブ空港で乗り継ぎするメリット

海外旅行者にとって
ハブ空港の最大のメリットは
乗り継ぎが便利なことです。

多くの航空会社の飛行機が
飛んでいるということは
フライトの行き先も増えるので、
選択肢が増えます。

特に、近頃はLCCもたくさん
飛んでいますので、コスパよく
旅を楽しむことができます。

LCCとはなに?意味や格安航空券との関係について解説!海外旅行前にチェック!

せっかくハブ空港に立ち寄ったのですから、
そこから行ける地方都市や
リゾート地などに足を
伸ばしてみるのはいかがでしょうか?

まとめ

こちらの記事では、
代表的なハブ空港として
チャンギ空港を紹介しましたが、
基本的に、ハブ空港としての
役割を果たしているところは
便利な設備がたくさん揃ってます。
ハブ空港を上手く使って
快適な旅行を楽しみましょう。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする