インスタジェニックってなに?意味やフォトジェニックとの違いについて解説!

今や若い女性だけでなく
以前にも増して利用している人が
増えているインスタグラム。

インスタが流行して、よく見聞きする
ようになったのが「インスタジェニック」
という用語です。

このインスタジェニックとは
なんなのでしょうか?
この記事では、インスタジェニックの
意味やフォトジェニックとの違いについて
解説しています。

スポンサードリンク

インスタジェニックの意味とは

インスタジェニックとは
インスタグラムの中で見たときに
映えそうな写真を意味します。

例えば、食べ物やスイーツなどの
「見た目が可愛い、綺麗な写真」
もしくは、
「イベントなどに行って楽しんでいる写真」
などを指します。

2017年に流行語大賞となり
巷でよく使われている「インスタ映え」と
「インスタジェニック」という言葉は
とてもよく似ていますが、用語としての
発祥はインスタジェニックの方が古いです。

言葉の使い方としては同じと捉えて問題ないでしょう。

sponsored link

インスタジェニックとフォトジェニックとの違いとは

インスタジェニックとは
インスタグラムとフォトジェニックを
組み合わせた造語です。

そもそも、フォトジェニックとは
写真写りが良い、写真向きであるという意味です。

自分の撮った写真や動画を
第三者に評価してもらうことが
当たり前となっている世の中で
手っ取り早く共有できる手段がインスタグラム。

そうした時代の流れの中で、
インスタグラムの中で「写真映えする」と
いう意味を持つインスタジェニックという
言葉が広まりました。

インスタグラムはフォトジェニックと
相性が良い分野といえます。

まとめ

インスタグラムが世界的に
流行ったときはフォトジェニックや
インスタジェニックという言葉が
使われていたと思うのですが
日本人にはインスタ映えの方が
断然馴染みがありますね。

フォトジェニックな写真を
意識して撮れるようになれば、
インスタジェニック(インスタ映え)
な写真をバッチリ撮れるようになるでしょう。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする