LCCとはなに?意味や格安航空券との関係について解説!海外旅行前にチェック!

海外旅行に行くときに
航空券を探していると
出てくる用語「LCC」

このLCCとはなんなのでしょうか?
この記事では、LCCについての
意味や格安航空券との
関係性について解説しています。

スポンサードリンク

LCCの意味とは

LCCとは「LOW COST CARRIER」
の頭文字を取った言葉。

日本では一般的には
「格安航空会社」と呼ばれています。

LCCは特定の飛行機会社の
名前ではありません。
ムダを省いて低価格の運賃で
航空サービスを提供してくれる
航空会社全般を指す言葉となります。

LCCとJALやANAとの違いとは?

海外旅行に行くときに
馴染みのある大手の航空会社として
JALやANAが挙げられると思います。

これら大手の航空会社と
LCCと大きく違うところを
具体的に2つあげてみると…

チェックインの時間

空港でのチェックインの
受け付け時間が違います。

LCCの場合、コストを削るために
少ない人数で複数業務を
行う為、フライト1時間前に
受付を締め切られることがあります。

sponsored link

機内サービス

飛行機の楽しみといえば
空の上で機内食を食べたり、
お酒やジュースを飲むことが
挙げられると思います。

LCCにも一応、機内サービスは
あります。
ですが、全て有料と
思っておいた方がいいです。
機内食はもちろん、
アルコールに限らずドリンク全般です。
航空会社によっては
機内用の毛布なども有料です。

ちなみに、LCCには
テレビモニターもついていません。

LCCと格安航空券

あらゆるムダを省いて最低限の
航空サービスを格安で
提供してくれるLCC。

先ほど、説明したように
大手の航空会社では当たり前にある
機内設備やサービスなどがほとんどない!
予約が変更不可!
払い戻しの際の手数料が高い!

これらの、条件に納得できれば
格安で航空券を
予約することができます。

まとめ

LCCは航空券の値段だけを
見ればお得です。
ですが、その分デメリットはあります。

ご自身の海外旅行プランに
よって、「安心」か「コスト」か
選ぶといいでしょう。

とにかく、安く旅行に行きたい!
そんな人はぜひLCCを
検討してみてくださいね。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする