ロストバゲージとはなに?意味や対策、原因について解説!海外旅行前にチェック!

海外旅行初心者にとって
遭遇したくないトラブルの1つとして
ロストバゲージというものがあります。
そもそも、このロストバゲージとは
なんなのでしょうか?

この記事では、ロストバゲージの
意味や、対策、原因について
解説しています。

スポンサードリンク

ロストバゲージの意味

ロストバゲージとは預けた荷物が
紛失したことを意味します。

海外旅行に出かける際に
航空会社に預けた荷物が
(キャリーケースやバッグなど)
なくなってしまうトラブルを
指す用語となります。

飛行機に乗り、到着した空港で
預けた荷物が出てくるはずの
ターンテーブルから
自分の荷物が待てども待てども
出てこない・・・
想像しただけで不安になります。

ロストバゲージの原因とは

なぜ、ロストバゲージは
起きてしまうのでしょうか?

原因としては、
空港でのチェックインの際の
担当者のチェックミスや
空港会社の職員の怠慢などの
人的ミスが大半を占めているようです。

例えば、トランジットなどで
乗り継ぎ国を経由して
目的地に向かう場合、
乗り継ぎ国から目的の国まで
違う航空会社で向かう時に
ロストバゲージの起こる可能性が
高まります。

トランジットとはなに?意味や注意点について解説!海外旅行前にチェック!

なぜなら、同じ会社同士での
乗継であれば、データは
乗継フライトにも反映されるので
ロストバゲージの危険性は
少なくなります。

sponsored link

しかし、他社へスルーして荷物を
渡す場合は会社間での
メッセージの送信ミスや
受ける側の確認ミス、
バッグ自体の伝送ミスと
いうことが起こってしまう
危険性が高まります。

ロストバゲージの対策

ロストバゲージというトラブルに
合わないための対策としては
「ロストバゲージの原因とは」でも
説明したように、
経由国が増えれば増えるほど、
アクシデント遭遇率が上がります。

訪れる国にも寄りますが
個人的にはトランジットは
1箇所までが無難だと思います。
(もちろん直行便が一番ですが・・・。)

あとは、荷物を預ける際に
チェックインカウンターで
目的地行きのタグがちゃんと
荷物に付いているか
自分の目で確認することも
対策として有効です。

どうしても不安であれば、
海外旅行保険には
必ず入ることをお勧めします。
保険の内容によっては
ロストバゲージした際に
数万~10万円程度
補償されるようです。

まとめ

ここまで散々、ロストバゲージの
不安を煽ってしまいましたが
専門機構の調査データによると
ロストバゲージする確率は
極めて低く、1%未満と言われています。

とはいえ、遭遇しないために
原因や対策を知ることは大事です。

もし、運悪くトラブルに
巻き込まれてしまった場合も
知らない土地で荷物を
失うことは怖いですが
まずは冷静に行動するように
してくださいね。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする