燃油サーチャージとはなに?意味や安く済ませる方法について解説!海外旅行前にチェック!

海外旅行へと出かける際に
航空券を探して値段を比較していると
「燃油サーチャージ」という用語を
見聞きします。

この燃油サーチャージとは
なんなのでしょうか?
この記事では、燃油サーチャージ
について意味や安く済ませる方法に
ついて解説しています。

スポンサードリンク

燃油サーチャージの意味

燃油サーチャージとは
飛行機の燃料である
石油の値段の変動によって
価格に反映できるように
航空会社が設定しているものです。

簡単に説明すると
飛行機の燃料費ということです。

本来の航空券の代金とは
別に燃油サーチャージ料という
名目で購入時に加算されます。

航空券を購入する
ウェブサイトによって
燃油サーチャージが含まれた価格
含まれず別表記の2タイプがあります。

燃油サーチャージの値上げについて

燃油サーチャージの価格は
2019年6月に値上げしました。
さらに、2019年8月からは
最大7千円ほどの値上げが
されることが決まったそうです。

ちなみに、格安航空会社LCC
の場合は燃油サーチャージ
の設定が各航空会社によって
異なります。

燃油サーチャージを
徴収しない会社もあれば
徴収する会社もあります。
金額も航空会社によって
バラバラです。

sponsored link

最新の数字は各社の
ウェブサイトなどでお確かめください。

燃油サーチャージを安く済ませる方法

燃油サーチャージの
価格変動は、経済や世界情勢に
よって変化します。
時期によって0円から数万円と
大きく変わってきます。

できることなら少しでも
航空券を安く買いたいのが
本音です。

確実な方法としては
当たり前ですが、値上げする前に
買うこと。

例えば、現在(2019年7月)
2019年8月に燃油サーチャージが
値上げすることが決まっているので、
夏以降に海外旅行に出かけるのが
決まっている方は
8月に入る前に航空券を
購入しておけば安く済ませることができます。

海外航空券を予約する際も、
スカイスキャナーなどの
オンライン予約サイトを
使うことで最安値で取ることが
できます。

格安航空券の比較【スカイスキャナー】
https://www.skyscanner.jp/

まとめ

燃油サーチャージの
値段は徐々に上がっています。
近頃は、LCCの場合でも
燃油サーチャージを
請求されることがあります。

とはいえ、燃油サーチャージを
計算して航空券を安く購入するのは
難しいのでスカイスキャナーなどの
オンライン予約サイトを
こまめにチェックすることを
お勧めします。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする