オープンジョーとはなに?意味やメリット、買い方について解説!海外旅行前にチェック!

海外旅行に出かける際に
航空券を探していると
「オープンジョー」という
用語を目にすることがあります。

このオープンジョーとはなんなのでしょうか?
この記事では、オープンジョーに
ついての意味や買い方について
解説しています。

スポンサードリンク

オープンジョーの意味とは?

航空券でのオープンジョーの
意味とは発着地が違うチケット
のことを指します。
簡単に説明すると
行きの到着地と帰りの出発地が
違うものがオープンジョーとなります。

一度で複数の国や都市を
訪れてみたいと考えているときに
ツアーではなく、個人で自由に
旅を楽しみたいという人におすすめな
航空券となっています。

オープンジョーのメリット、デメリット

オープンジョーのメリットとしては
やはり、予定の組み方次第で
色々な国や都市を効率的に
巡ることができること。

例えば、ヨーロッパへ旅行に行くとき
日本から出国取るときは
成田発ロンドン着、
帰りに日本へ帰国するときには
パリ発成田着
というような予定が組めたら
最初の目的地に戻る
必要がないので、旅の選択肢が
一気に広がります。

しかし、この場合、ロンドンからパリまでは
自力で移動手段を探す必要があります。
ですが、最近では格安航空会社(LCC)が
増えたおかげて、ますます気軽に、
安く移動ができるようになりました。
LCCとはなに?意味や格安航空券との関係について解説!海外旅行前にチェック!

オープンジョーのデメリットとして
最も注意しなければならないのは
旅の日程です。

sponsored link

例えば、ヨーロッパを周遊する際に
LCCを利用して予定を組むとします。
LCCは遅延や欠航などが
よくあるので、タイトに予定を組むと
1つのタイムスケジュールの乱れで
帰国する便に間に合わない!
なんてトラブルが起こってしまうことも・・・

オープンジョーの航空券を
利用するさいは余裕をもって
行程を組む必要があります。

オープンジョーの買い方

オープンジョーは行きと帰りの
それぞれの航空券を手配する
必要があります。

訪れる国にもよりますが
一般的には、単純往復するよりも
割高になる可能性があります。

ですが、時期や航空会社のセールなど
運が良ければ単純往復と同じくらい
むしろ、少し安く抑えることも可能です。

オープンジョーの航空券を
安く抑えるための
オススメの買い方としては、
インターネットでの予約比較サイトです。

スカイスキャナーなどの
航空券検索サービスで、
行きたい国の予定をたてながら
まとめて一括で比較・検索
することができます。

格安航空券の比較【スカイスキャナー】

まとめ

ツアーでしか海外旅行に
行ったことが無い方だと
航空券から移動の工程や
ホテルまで全て、自分で
予定を組む必要がある旅は
少し不安があるかもしれません。

ですが、旅の選択肢の幅が広がる
オープンジョーの航空券を
うまく使いこなすことで
自身の希望に合った
自由な旅行スタイルをすることができます。

まずは、スカイスキャナーなどの
比較サイトでルートを考えてみては
いかがでしょうか!

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする