オーバーブッキングとはなに?ホテルと飛行機それぞれの意味について解説!海外旅行前にチェック!

海外旅行で
飛行機に乗るとき空港のカウンターで・・・
ホテルにチェックインするときに・・・
「オーバーブッキングです。」
こんなことを言われた経験は
ないでしょうか?

このオーバーブッキングとは
なんなのでしょうか?
この記事ではオーバーブッキングに
ついてそれぞれの意味を
解説しています。

スポンサードリンク

飛行機のオーバーブッキングの意味とは

そもそも、オーバーブッキングの
意味とは「過剰予約」を指します。

飛行機での場合は
当日、空港に行ってみると
カウンターで「満席で搭乗できない」
旨を伝えられます。
この状態をオーバーブッキングと言います。

飛行機のオーバーブッキングはなぜ起こる?

なぜ飛行機のオーバーブッキング
は起こるのでしょうか?

実は、飛行機の座席は
実際には来ない人(キャンセル)
がいることを、ある程度想定して、
用意できる最大数を超えて
予約を受け付けています。

しかし、キャンセルが起こらないと
飛行機の座席が足らなくなり、
一部の予約客が乗れなくなります。
すると、オーバーブッキングが
起こってしまいます。

ホテルのオーバーブッキングの意味とは

ホテルの場合も飛行機と同じく
言葉の意味としては
「過剰予約」となります。

sponsored link

ホテルに宿泊する際に起こる
オーバーブッキングは
予約は取れているのに
泊まる部屋がないことを指します。

ホテルのオーバーブッキングはなぜ起こる?

ホテルのオーバーブッキング
が起こる理由としても飛行機と
似ています。

人気のある(商売がうまい)
ホテルであればあるほど
常に満室を目指しています。

なので、部屋数よりも多い数の
予約を受け付けるのが
ホテル側としては一般的となる為、
オーバーブッキングが
起こってしまいます。

ホテルの対応や
交渉にもよりますが
オーバーブッキングの場合は、
近くにある同グレードのホテルへと
案内されるケースが多いです。

まとめ

実際に、遭遇すると厄介な
オーバーブッキング。

ですが、運が良ければ
飛行機の場合
エコノミークラスが
オーバーブッキングしていて
ビジネスクラスに残席がある場合
値段そのままでアップグレード!
なんてラッキーなこともあります。

基本的には、飛行機にしろ、
ホテルにしろ、オーバーブッキングは
相手側の過失である為
パニックにならずに
冷静に対応しましょう。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする