林修の今でしょ!講座/焼き鳥の部位ベスト5!名医が夏にオススメ!【2018年8月7日(火曜日)放送まとめ テレビ朝日】

695ba2f8b68ff0f885ab6137245e9932_s

8月7日の林修の今でしょ!講座で
名医が夏にオススメする焼き鳥の部位
を紹介していました。

スポンサードリンク

名医がオススメする焼き鳥の部位ベスト5

第5位 ムネ肉で夏バテ予防

ムネ肉はとても豊富な
たんぱく質な上に
牛や豚に比べて
柔らかい繊維で消化に良いのが
特徴です。

さらに、ムネ肉には
夏に欠かせない栄養素として
イミダゾールペプチドという成分が
含まれています。

この成分が食欲不振や
夏バテを予防。
疲れを軽減、疲れにくい体を
作ってくれるそうです。

ちなみに、鳥が長時間飛んでも疲れないのは
このイミダゾールペプチドのおかげ
だと言われています。

1日2本のムネ肉で
疲労回復の効果が期待できますよ。

第4位 鶏皮で骨を丈夫に

鶏皮というと油が
気になってしまいますが
鶏肉に含まれる油は
太りづらい油と言われているそうです。

そして、名医が鶏皮を
オススメする理由として
ビタミンKという成分が
豊富に含まれていることにあります。

このビタミンKは骨を
丈夫にしてくれます。
骨粗鬆症の治療薬としても
使われているくらい
骨に良い成分だそうですよ。

鶏皮は1日2本〜4本が
オススメです!

第3位 砂肝で夏に不足しがちな亜鉛を摂取

コリコリとした食感が人気の砂肝。
砂肝とは食べたものを
歯の代わりにすりつぶす
働きを持つ消化器官のことです。

この砂肝には夏に不足しがちな
栄養素である亜鉛が多く含まれています。
亜鉛は美肌効果や髪の毛を
美しく保つのをサポートしてくれる
成分と言われています

さらに、糖質もほとんど
含まれていないのに
たんぱく質は豊富なので
ダイエットにも最適です。

1日2本の砂肝で
1日のオススメ摂取量の8割を
摂ることができますよ。

第2位  ねぎまで肝臓を活性化

鳥とネギの組み合わせが最高なねぎま。
実はこの組み合わせは
健康的にもとても良いんです。

もも肉に含まれるビタミンB1と
ネギに含まれるアリシンと
いう成分が組み合わさると
アリチアミンという成分になります。

このアリチアミンが
夏場に弱りやすい
肝臓の動きを活性化してくれます。

さらに、アリチアミンという成分は
アルコールを分解してくれるので
二日酔い予防に効果的!
お酒のつまみとして最強なんです。

第1位 レバー

独特の食感と香りのレバーは
鶏の肝臓です。

sponsored link

肝臓は栄養の貯蔵庫なので
レバーは栄養の宝庫と言えます。
つまり、全部位の中で
トップクラスの栄養価です。

夏に運動をすることで
鉄分量が不足しがちなので
レバーで補うことができます。
そして、貧血予防にも最適です。

レバーはタレが多いので
糖質を含まないお酒として
ハイボールや柑橘系のサワー
白ワインなどがオススメですよ。

レバーは栄養素が本当に
豊富なので1日に1本で
十分だそうです。
逆に摂りすぎると有害な働きを
起こすことがあるので
食べ過ぎないように注意してくださいね。

みんなの反応

まとめ

ちなみに、番組内で
一般の方1000人に
焼き鳥の好きな
部位を聞いたところ
ベスト3はつくね、ねぎま、もも、でした。

こちらの記事もオススメです

林修の今でしょ!講座/枝豆の正しい茹で方、調理方法、保存方法!名医がオススメ【2018年8月7日(火曜日)放送まとめ テレビ朝日】

林修の今でしょ!講座/枝豆の呉汁の作り方!大豆イソフラボンでお肌の改善、老化を防ぐ【2018年8月7日(火曜日)放送まとめ テレビ朝日】

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする