サッカーのアンカーの意味や役割とは?サッカー初心者にざっくりと解説します

最近のサッカー用語の中で
アンカーと言われるポジション名を
聞く機会が増えてきました。

でも、アンカーっていまいち
どういう意味なのか?
どんな役割の選手なのか?
わからなくないですか?

この記事では、
そんなサッカー初心者の方に
ざっくりと説明します!

スポンサードリンク

アンカーの意味とは?

アンカーのポジションは中盤の底の
守備的MFの一種を指しています。

アンカーとは英語で
「anchor」で、船の錨(いかり)を
意味します。

船を停泊させる際に
アンカーを降ろすことで
船が安定するように
サッカーでも、アンカーとは
守備によってチームの安定を
もたらす選手のことを指します。

アンカーの役割とは?

アンカーやボランチと言われる
守備的ミッドフィールダーの
ポジションの役割は
多岐に渡るのですが
一般的には、アンカーとは
「中盤の底で守備を担当する役割」
を指します。

ディフェンスラインの手前で
ボールを奪いチームを事前に
危機から救うディフェンス力が
重要となります。

アンカーとボランチの違い

本来、アンカーとボランチの
違いはただ単に言語の違いです。
アンカーは英語、
ボランチはポルトガル語です。

ですが、役割的にも
同じ守備的MFとは言え
どちらかというと、ボランチは
司令塔的な役割を求められますが
アンカーは守備の役割を
多く求められます。

sponsored link

さらに、ボランチというポジションは
ダブルボランチや
トリプルボランチというように
複数人が担当する場合もありますが
アンカーは中盤の底を
1人で支えほぼ守備専門のMFのこと
を指しています。

アンカーはどんな動きが求められる?

アンカーというポジションは
ゴールキーパーのように
絶対にチームに置かなくては
ならないポジションではなく
チーム戦術によって決まります。

アンカーを置いたフォーメーション
の場合は、ディフェンスラインの前の
エリアを広く担当しながら
相手の攻撃の芽を摘んでいく
守備のスペシャリストとしての
動きを求められます。

つまり、アンカーにとって
ディフェンス能力はとても大切で
1対1で負けない強さが
必要になります。

まとめ

アンカーは守備が中心となる
役割のため少し地味に
映るかもしれませんが
中央にいるだけあって
ボールに絡む機会が多く、
試合でプレーを観ていても
面白いと思います。

ぜひ、アンカーにいる選手に
注目してサッカー観戦して
はいかがでしょうか?

それでは素晴らしいサッカーライフを!

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする