送別会の挨拶どうする?(送る側のメッセージ)司会進行の流れは?

ab46084380104ea7dceb1ddf731d2939_s

お世話になったあの方が転勤する、退職する。
そんな特別な機会には、心からの感謝の気持ちを
伝えて、送られる側が喜んでくれる送別会を
開いてあげたいですね。

そして、そんな大事な人生の節目だからこそ、
残念な失敗は避けたいもの。
お世話になった方を気持ちよく送れるよう、
ぜひ以下の記事を参考に準備してみてください。

スポンサードリンク

・ 送別会の司会進行の流れとは?

microphone-1804148_640

もしあなたがそんな大切な送別会の司会を
任されてしまったら?責任重大です。

まず、送別会の進行としては以下のような形が一般的です。
各項目の最後のカッコ内は担当者です。
担当者について、また、挨拶の順番については後で詳しく説明します。


※以下、便宜上「退職者」と書いている部分は、
あなたのシチュエーションに合わせて
適宜「転勤者」や「転出者」などと読み替えて考えてください。

1 開会のことば(司会)
2 あいさつ(一番上の役職者)
3 乾杯(上から三番目の役職者)
4 食事、歓談
5 退職者へのことば(上司、同僚など)
6 記念品・花束の贈呈(同僚、後輩など)
7 退職者からのことば(退職者)
8 閉会のことば(上から2番目の役職者)
9 2次会の案内(司会)

これだけ見ると、司会が行うのは1と9だけに
見えますが、1から2、また、2から3へ
移行するときにも、しかるべきタイミングで
司会から会を進行するための一言が必要です。

司会のあなたは場の流れに常に目を配り、
スムーズに会が進むよう努めましょう。

・送別会での司会者の挨拶、送る側の例文は?

f802464e8bce84c1b7f7b646f21b0795_s

まず、送別会の始まり「1 開会のことば」
ですが、送別会のスタート時間に合わせて、
出席者が全員揃ったところで始めます。

ここでの目的は、司会であるあなたが出席者へ
「これは何の集まりなのか」
「集まってくれたことへの謝辞」
「司会者の自己紹介」

を述べることです。

司会者からの挨拶は、以下のように短くまとまったものにしましょう。

「本日はお集まりいただきありがとうございます。
皆さんお揃いになりましたので、…さんの送別会を始めたいと思います。
本日司会進行を務めます、…課の…と申します。よろしくお願いします。」

ポイントとしては、なるべく簡潔に、短く、ということに尽きます。
また、冒頭の「皆さんお揃い」の時点で出席者が
揃っていないか、スタートするという判断に
なった場合は、「開始予定時刻となりましたので」
などに言い換えるといいでしょう。

司会者の自己紹介のあとは、
すぐ「2 あいさつ」へ移行し、
「3 乾杯」までの時間をできるだけ
短縮しましょう。

さて、乾杯も無事に終えたら、食事と歓談の時間です。
このあと「5 退職者へのことば」および
「6 記念品・花束の贈呈」を行うタイミングですが、
お食事が終わってデザートを食べている頃でいいでしょう。

または、終了予定時間から逆算して、
このあとの6、7、8が時間内に収まるような
タイミングで行います。

記念品贈呈後の「7 退職者からのことば」は
会のクライマックスですので、皆さん聞き入っていることと思います。

司会のあなたも送る側の人間ですので、ここはもちろん聞き入って構いません。
会の残り時間だけ把握しておくようにしましょう。

退職者の挨拶のあとは、全員での拍手と司会の
「…さん、ありがとうございました。」で
受けて、「8 閉会のことば」に移ります。

万歳三唱など職場で定番の締めがあれば、ここで行います。
閉会のことばを言う方と事前に打合せておきましょう。

そしていよいよ閉会、お開きとなります。
挨拶のあとの拍手が収まったら、司会から
会の終了を告げ、二次会についての案内を行い
移動となります。

以上が送別会のだいたいの流れです。

ここまでは司会として見た送別会について
述べましたが、もしあなたが退職者を
送るお別れの言葉をお願いされたら、どのような挨拶をしますか?

まずは気を付けるべきポイントをいくつか挙げてみます。

finger-3026348_640

-あくまで主役は退職者。自分語りにならないように気を付ける。
-長いスピーチは嫌われる!起承転結をハッキリと、長くても3分以内に留める。
-最後は退職者への感謝の言葉と応援のメッセージで締めくくる。

それでは、これらに沿った内容の挨拶の例文を見てみましょう。

sponsored link

「私が入社当初の右も左もわからない時期に、
…さんから大変親切にご指導いただいたこと、
今でも心から感謝しています。

特に○○の業務でご一緒した際には、
クライアントと常に同じ目線に立って考えようとする
真摯な姿勢を間近で学ばせて頂いたこと、
私の一生の財産になったと思っております。
本当にありがとうございました。」

「…さんが誰も思いもよらないような視点から
新しい提案を投げてくれることが、
チームにとっていつも素晴らしい刺激でした。

特に、○○の案件のときの××は、
まさに発想の転換と一同舌を巻いたこと、
今でも鮮烈に思い出されます。

…さんのようなかけがえのない存在が
いなくなってしまうことは、正直寂しくないと
言えば嘘になりますが、これまで与えていただいた
沢山のヒントを活かしていきたいと思います。
○年間お疲れ様でした。」

「同期入社して早や○年、公私ともに
長い付き合いとなり、お互い楽しいことも
苦しいこともありましたが、…さんの活躍に触発されて
私もここまで頑張ってこれたと言っても過言ではありません。

…さんの決算期のタスク管理の正確さや、確認の手間を惜しまない丁寧な仕事ぶりは
、社内でも客先でも評判で、私などはうらやむばかりでした。


新天地でもきっとますますご活躍されることと思います。
少しタバコの量を減らして、どうぞ体に
気を付けて、これからも頑張っていってほしいと思います。」

今だから言える話、ぶっちゃけ話、
飛びっきりの思い出話、
いろいろあるかもしれませんが、語り出すと長くなりますよね。
それらはぜひ2次会に取っておいてください。
1次会はあくまで上の例文程度でいいかと思います。

・送別会の挨拶の順番は?

4e243f872c209786a3c8e8ad4ecbb8b9_s

大きな職場になると、たくさんの出席者の中で
挨拶の順番にも気を遣うことがあると思います。
送別会の挨拶は、どういう順番で行えばいいのでしょう?

まずは、開会してすぐに出席者のうち最も上の役職の方が挨拶を行います。
続いて、2番目の役職者がその次にくる乾杯の
挨拶をするか、と思いきや、その方には
最後の挨拶をお願いすることが多いので、
乾杯はさらにその下、上から3番目の役職者にお願いすることがあります。

または、1番上の役職者に挨拶の流れでそのまま
「乾杯の音頭をお願いします」と言って
お願いしてもいいかもしれません。

このあたりは、あなたの職場の役職者が
何人くらいいるかにもよるので、
柔軟に対応してください。

次に問題なのが、退職者への別れのスピーチの順番です。

普通は上司から下へ降りていきますが、
出席者みんなが退職者と直接業務上のつながりが
あるわけではないので、ここは全員が行うわけではありません。

多すぎると飽きますので、むしろ1名のみ、多くて2名程度が普通ではないでしょうか。
複数名の場合は、役職が上の人から行うというのは他と同様です。

もし司会であるあなたが、退職者と一番近しい人
であって別れの言葉を送ることになったら、
その場合は他の人の挨拶が終わったあと、最後に行うのがいいでしょう。

・ 司会をする上での注意点、気をつける細かいポイントまとめ

road-sign-663368_640

送別会の司会というのは、気を配るポイントがたくさんあります。

まずは当日の進行スケジュール。

開始時間と終了時間のほかに、どこで誰に
挨拶をお願いする
いかがでしたか?かなども重要です。
大まかな進行を書いたメモを用意しておきましょう。

ただし、細かすぎる進行表を見ながらの司会はかなり見苦しいものです。
下を向くことで、司会の声も聞こえづらく
なりますし、少し予定とズレただけで
無駄に焦ってしまう原因になったりもします。

メモはあくまでメモ。
忘れたときにちらっと見るくらいにしましょう。

それから、送別会開始の前には、出席の役員や
責任者が会場へ来たタイミングで、
場を取り仕切る者として一言挨拶しておきましょう。
退職者へも、チャンスがあれば挨拶したほうがいいですね。

通常の仕事と同様、当日が上手くいくか
どうかは、事前準備にかかっています。

そのためには計画段階から幹事とよく打ち合せを
して、連携を図らなければなりません。
乾杯のドリンクを運んできてもらう
タイミングや、記念品贈呈の場所はその場か、
または前に出てもらうのかなども確認しておくといいでしょう。

どうしても不安という方は
以下のの書籍がとても参考になりオススメです。
色々な場面でのテンプレートが記載されて
いますので突然、人前で話す機会がある場合にはとても重宝しますよ。

話し下手でも大丈夫! スピーチ上手になれる本 (SMART BOOK)

そつなく司会進行をこなすことができれば、
お世話になった方を気持ちよく送り出せるうえ、
送別会後のあなたの株も上がること間違いなしです。
準備万端で当日を迎えましょう。

スポンサードリンク