サッカーのセットプレーとは?ルールの意味と戦術についてざっくりと解説します!

サッカーを見ていると、
実況や解説の人が
「セットプレー!チャンスです!」
なんて言っているのをよく聞きます。

このセットプレーとは
どんな意味なのでしょうか?
この記事では、セットプレーについて
サッカー初心者の方にもわかりやすく
ざっくりと解説しています。

スポンサードリンク

サッカーのセットプレーとは?

サッカーのセットプレーの
セットの意味とは配置すること。

つまり、ファウルなどで
試合が中断されたあと、
再開するときに選手やボールを
セットして行うプレーのことを指します。

サッカーのセットプレーの種類

サッカーのセットプレーに
該当するものは細かく分けると
6種類あります。

・コーナーキック
・フリーキック
・ペナルティキック
・ゴールキック
・スローイン
・キックオフ

ですが、一般的にはセットプレーと
いう形で実況されているのは
以下の2種類になります。

コーナーキック

コーナーキックとは、守備側の選手が
最後に触ったボールが
自陣側のゴールラインから外に出た場合、
端から(コーナーアーク)キックによって
プレーを再開させるルールのことです。

フリーキック

フリーキックとは、試合中に
ハンドなど何らかのファウルが
行われた時に
ファウルを受けたチームが
ファウルを受けた地点から
相手に邪魔をされない形で
キックをしてプレーを再開する
ルールのことです。

sponsored link

サッカーのセットプレーの戦術について

コーナーキックもフリーキックも
相手チームの選手は
ボールが蹴られる位置から
9.15m以上離れなければ
いけないルールが決まっています。

そう言ったルールもあって
現代サッカーの得点は約3割が
セットプレーだと言われています。

だからこそ、得点の確率を上げるために
セットプレーには様々な戦術が用いられます。

例えば・・・コーナーキックでの
セットプレーの場合、ニアサイドに

低い弾道でスピードのある
ボールを蹴ることにより、
ゴール前にいる味方の選手が
少しでもボールに触れることができれば
得点できる可能性が高いメリットがあります。

ゴールへ繋がる可能性が高いからこそ、
コーナーキックやフリーキックでの
セットプレーの戦術は大事ですが
当然、セットされたボールを
蹴る選手の精度の高いキックや
味方選手同士の共通理解が必要です。

まとめ

サッカーのセットプレーは
ボールが止まって再開されるので
観戦する側としても、
じっくり見れます。

特に、ゴール前での
セットプレーの場合
ボールがセットされて
蹴られるまでの間に
攻撃側の選手、守備側の選手で
様々な駆け引きがあって面白いので
ぜひその辺りにも注目して
見てくださいね!

それでは素晴らしいサッカーライフを!

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする