サッカーのシャドーとはどんなポジション?意味や役割をざっくりと解説

テレビでサッカーの
試合中継を観ていると、
アナウンサーや解説の方が
攻撃のポジションにいる
選手を「シャドー」と
呼んでいることがあると思います。

このシャドーとはどんなポジションなのでしょうか?

この記事では、シャドーの
意味や役割について
ざっくりと解説しています。

スポンサードリンク

シャドーの意味とは?

シャドーとはシャドーストライカーの略です。
1.5列目といった表現を
されることもあります。

このシャドーが意味するのは「影」です。
フォワードに隠れていますが、
味方のパスに飛び出して
得点に絡むことから、
“シャドー(影の)ストライカー”
と呼ばれています。

シャドーの役割とは?

一般的に、ポジションとしては、
攻撃的MFとフォワードの
中間に位置します。

しかし、シャドーとは
ポジションというよりかは
役割として呼ばれている
言葉になります。
その役割とは、当然ゴールに絡むこと。

通常、シャドーストライカーを置いた
フォーメーションの場合は
フォーワードは1人だけしか置かれません。

sponsored link

そのため、シャドーストライカーの選手は
フォワードの衛生的に動きまわって
連携してチャンスを伺い、
点を取ることを求められます。

フォーメーションによっては
シャドーの役割の選手を
2人(2シャドー)置く場合もあります。

シャドーとトップ下の違いとは?

シャドーストライカーと
似たようなポジションにいる選手を
トップ下と呼ぶことがあります。

ですが、シャドーの選手と
トップ下の選手では
チームの中で求められる役割は
違うといえるでしょう。

先ほど説明したように
シャドーはフォワードの近くで
ゴールに絡む役割。

トップ下は、どちらかというと
そのトップ下やフォワードの選手に
パスをだす仕事を求められます。
攻撃の司令塔的な役割と
いうことですね。

日本代表でいうと
シャドーは香川真司選手。
トップ下は本田圭佑選手と
当てはめると理解しやすいかも知れません。

まとめ

シャドーストライカーという言葉は
現代サッカーで、本当に
よく聞くようになりました。

シャドーと言われるポジションは
明確に「ここです!」とは
表現しづらいので
サッカーの初心者には
少しわかりづらいかもしれません。

ですが、役割的に
ゴールに絡む動きが多くなるので、
意識して注目することで
なんとな〜くわかってくるはずですよ。

それでは、素晴らしいサッカーライフを!

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする