サッカーのアディショナルタイムの意味とは?サッカー初心者にざっくりと解説します

サッカー観戦をしていると
出てくるサッカー用語
「アディショナルタイム」

よく聞くけどこの用語って
どんな意味なのでしょうか?
この記事ではアディショナルタイムに
ついてざっくりと解説します。

スポンサードリンク

アディショナルタイムの意味とは?

一般的に、サッカーの試合は
前半45分、後半45分の
90分という時間で行われます。

その中で、前半と後半の
それぞれ試合が停まった時間を
計算して、90分プラスαを
追加時間として加算されます。

前半、後半終了間際に
ピッチサイドで第4審判が
数字の表示されたボードを
掲げていますが、
これがアディショナルタイムの
目安の分数となります。

つまり、アディショナルタイムの
意味とは「追加時間」を
指すものとなります。

アディショナルタイムの測り方とは?

アディショナルタイムの時間を
決定しているのは、主審です。
主審は両腕にはめた時計によって
止まった時間を計測して
追加時間を決定します。

アディショナルタイムとして
加算されるシチュエーションは
以下の場合になります。

・選手の交代
・選手の負傷
・カードの掲示
・負傷選手をフィールドの外に搬出
・その他(主審の判断)

「その他」とは、選手が主審に対する
ジャッジに対する異議で
試合が止まった場合や、
グラウンド内に観客が
乱入した場合などが含まれます。

sponsored link

よほど、大きな怪我やアクシデントで
試合が止まらない限り
だいたい、前半は1分程度。
後半になると3~4分くらい。
多いときで5分程度です。

アディショナルタイムとロスタイムの違いは?

ロスタイムというサッカー用語を
聞いたことがあると思います。
実は、アディショナルタイムも
ロスタイムも大きな意味では同じです。

海外のサッカーリーグや
ワールドカップなど
国際基準では追加時間を
アディショナルタイムという
用語を使っていました。

ですが、日本のJリーグでは
ロスタイムというサッカー用語を
使っていました。
(なぜ、ロスタイムという用語を
使っていたのかは定かではありません)

2010年から日本サッカー協会の
審判委員会が世界基準の
アディショナルタイムという
用語に統一するようになってから
各メディアでもアディショナルタイム
という用語が広まっていきました。

まとめ

アディショナルタイムは
あくまでも、主審による判断で
追加される時間なので
言い方は悪いですが、割とアバウトです。

だからこそ、計算することのできない
90分のそのさきに同点ゴールや
逆転ゴールといった
ドラマが生まれることも
珍しくありません。

それでは、素晴らしいサッカーライフを!

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする