トランジットとはなに?意味や注意点について解説!海外旅行前にチェック!

海外旅行に行くときに
航空券を探していると
「トランジット」という用語を
見聞きすることがあります。

このトランジットとはなんなのでしょうか?
この記事では、トランジットの
意味や注意点について
解説しています。

スポンサードリンク

トランジットの意味

トランジットを直訳する
意味としては「通過すること」
を指します。

海外旅行でこの用語が
使われる際は基本的には、
「乗り継ぎ」という意味で使われています。

具体的に説明すると、飛行機が
目的国までの中継として
機内食や燃料を追加・補給などをするために、
他国の空港にいったん着陸させることが
トランジットの目的となります。

トランジットとトランスファーの違い

トランジットと似たような
用語としてトランスファーという
ものがあります。

トランジットは「乗り継ぎ」を
トランスファーは「乗り換え」
を意味します。

簡単に説明すると
出発国→経由国→到着国まで
全て同じ飛行機で運行するものが
トランジット。

に対して・・・

出発国→経由国
経由国→到着国
途中で飛行機を乗り換えて
目的地まで向かうことが
トランスファーとなります。

同じ飛行機に乗るか、
違う飛行機に乗り換えるか
の違いということです。

預け荷物に関しては
トランジットはもちろん、
トランスファーの場合でも
基本的には出発国のカウンターで
一貫予約・手続きをして
搭乗しているのであれば
荷物は自動的に乗換えて
届けてくれるはずです。

sponsored link

しかし、不安であれば、
出発国のカウンターで
確認するようにしましょう。

トランジットの注意点とは?

トランジットの際のもっとも
注意すべき点としては、時間です。

最悪なケースとして
乗り継ぎ便の飛行機の
出発時間に間に合わず
経由地に置き去りに・・・
なんて可能性もあります。

トランジットの空港に到着して、
その空港の出発エリアに入るために
再びセキュリティチェックを
受けることがほとんどです。

さらに、空港によっては、
到着エリアから出発エリアへの
ビルが異なるなど、
移動に時間がかかることがあります。

次の飛行機の出発時間と
照らし合わせて、
早め早めの移動をおススメします。

こういった事態を避けるための
対策としては、航空券を購入する際に
乗り継ぎ時間を長めに
見ておいたほうが安全です。
空港の規模にもよりますが、
2時間ほどみておくと安心です。

まとめ

飛行機に乗り慣れていないと
海外旅行でトランジットが
ある場合、不安になります。

しかし、事前に経由地の
空港の情報をしっかりと下調べをして
時間に余裕を持った
スケジュールを組めば、
基本的にはどこの国の空港でも
流れは同じなので、神経質に
なることはありません。

さらに、トランジットのメリットとして、
乗り継ぎ時間が長い場合、
手続きさえ済ませれば
経由国のプチ観光をすることも
可能となるので、一度の海外旅行で
楽しみが増えますね。

その場合は、ぜひ経由国の
治安なども調べて安全に
観光を楽しんでください。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする