TSAロックとはなに?必要性や注意点について解説!海外旅行前にチェック!

海外旅行には欠かせない
アイテムであるスーツケース。
スーツケースの購入や
レンタルする時に
TSAロックという用語を
見聞きしたことがあるかと思います。

この記事ではTSAロックに
ついての意味や必要性、
注意点を解説しています。

スポンサードリンク

TSAロックとは

TSAロックとはアメリカ運輸保安局(TSA)
にて承認された公式な鍵を指します。

アメリカの空港では、9.11以降
テロ対策という位置付けで
スーツケースに鍵をかけることを
禁止され、アメリカへ出入国する際の
荷物検査が徹底されています。

ですが、TSAロック付きの
スーツケースであれば
鍵をかけることが認められているので
アメリカ圏に旅行予定の方は、
TSAロック付きのスーツケースが
必須と言われています。

TSAロックの必要性とは

空港で荷物を預ける時には
安全の為にも鍵をかけておきたいものです。

ですが、もしスーツケースを預けて
自分の手元から離れた後に
アメリカ運輸保安局の係員が
セキュリティチェックをしたい場合、
普通の鍵がかけていると問答無用で
鍵を壊されてしまいます。
その際、賠償は一切ありません。

sponsored link

ですが、TSAロックがついた
スーツケースであれば
TSA係員が所有している
TSAロック専用の合鍵を使って
スーツケースを開けることができます。

つまり、TSAロック付きの
スーツケースであれば
旅行者は安心して鍵を
かけることができるというわけです。

TSAロックの注意点

ここまで、TSAロックについて
説明してきましたが、
実は、航空会社各社は
『TSAロックであっても施錠しないでください!』
と、注意喚起しています。

TSAロックは何種類かあるようで、
たまたま合う鍵を持ってない
係員に当たってしまうと
結局、鍵を壊されてしまうことも
あるようです。

対策としては、TSAロックのついた
スーツケースベルトを使用して
スーツケース本体の鍵はかけなければ
スーツケースを壊されることはないので
効果的だと言えるでしょう。

まとめ

結果的に、TSAロックって
必要ないのではないか…
と、思ってしまいますね。

そもそも、スーツケースには
貴重品は入れず鍵はかけない。
大事なものは手荷物として
飛行機内に持ち込むのが
一番安全だと言えるでしょう。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする