守らずに攻め続ける「ユニクロ」の凄さ!!

uniqlo-617616_1280

今では日本だけでなく世界規模でシェアを高めているユニクロ。

つい最近は、専用アプリのリニューアルを行い、より身近に私たちの生活に

なくてはならないブランドになっています。




PR広告

そんなユニクロがここまで大きくなった理由として、自ら会社を

変えてしまう力を持っていることにあります。

常に、過去の成功体験を否定して、冷静に自社の限界を見定めて、

企業の構造とパラダイムそのものを根底から作り変えてゆく強い意志と

スピード感が備わっています。

(1号店出店からわずか10年で広島証券取引所にて株式上場を果たしています。)

ユニクロは過去に4度ほど革新的な変化を行っています。

1度目が、1984年に柳井氏が35歳で社長に就任して、広島市内に

ユニクロ1号店を出店した時です。

ごくごく普通のどこにでもあるようなメンズショップが、当時ではまだ珍しかった

セルフ方式の斬新な形態へと生まれ変わりました。

ちなみに、スタート直後のユニクロはまだSPAではなく仕入れ品揃え型の

カジュアルショップでした。

2度目は1991年に社名を「小郡商事」からファーストリティリングという名称に

改めて、その後、怒涛の出店ラッシュを行っていきます。

カジュアルショップからカジュアルチェーンへの変革です。

3度目が、1998年の東京・原宿への出店と、記憶にも新しいフリースを

sponsored link

前面に打ち出したキャンペーンです。

それを契機にユニクロの大ブームが到来して、一躍全国区へと駆け上がっていきました。

そして、4度目が2005年に柳井氏の社長復帰と、持株会社への移行です。

この時に柳井社長は「世界のユニクロ」を宣言するとともに、

「2010年グループ売り上げ1兆円」を掲げています。





PR広告

ユニクロはそれぞれの節目で全く事業構造の違う会社に脱皮することで

安定姿勢を自ら断ち切り、一貫した成長を維持してきたのです。

こうやって、読んでみると淡々と行われてきたように感じてしまいますが

企業としてこれほど難しいことはないでしょう。

なぜなら、誰もが成功すれば守りに入りたくなるものですし、成功の度合いが

大きければ大きいほど、成功パターンを崩したくないのが普通だからです。

ですが、柳井社長は変革を何度も行っています。

国内最大大手の1部上場アパレル企業に上り詰めてもなお、柳井社長は

拡大への道筋を作り続けています。

むしろ、もっともっと成長したいという欲求がユニクロから伝わってきます。

この常人離れした飽くなき成長への執念、強烈な経営が、ユニクロを引っ張り

かつ支えているのです。

世界のアパレル小売業界を引っ張ってくれることであろうユニクロは

今後どんな変革を見せてくれるのでしょうか?

冒頭でも書きましたが、ユニクロがアプリをリニューアルしました。

デザインが大きく変わって使いやすくなっています。

まだ、ユニクロのモバイル会員になっていない方は

もしかしたら知らないところで損しているかもしれませんよ。

とてもお得なのでぜひ、ユニクロモバイル会員になりましょう!

ユニクロアプリはこちら!!

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする